立山黒部アルペンルート情報 信州旅景色〜大町からの四季の風〜


立山黒部アルペンルート全線開通!

長野県は大町市と富山県は立山を結ぶ山越えのルート・・・・

3000mの天井の世界を手軽に体感できると人気の立山黒部アルペンルートが、昨日17日に全線無事開通しました。

無事・・・というのは、毎年雪の状況や安全の確保がしっかりとなされないと、このアルペンルートは開通の許可が下りないんです。

でも、今年も無事に開通いたしました。

この時期の目玉となる、室堂の雪の大谷・雪の壁の高さは、今年は17mほど。

これからゴールデンウィークを向かえ、この雪の大谷を歩いて見ることもできるようになります。

5月いっぱいは楽しめる雪の壁。

アルペンルートには、これから沢山のお客様がお越しになられます。

3000mを越える天井の別世界・・・

まだお越しになれていない方はもちろん、一度来られた方も是非もう一度お越し下さい。











=== 広告 ===

↓↓↓↓今日のお勧め信州の名産品はこちら↓↓↓↓











立山黒部アルペンルート開通

明日、10日に、立山黒部アルペンルートが一部開通をします。

今年のアルペンルートの営業が始まりますよ。

長野県側からは室堂まで上がることができます。

また、17日には、高原バスも開通し、扇沢から立山まで全線開通の予定で今準備が進められていますよ。

明日の、開通に先が立ち、オープンカーニバルが明日の朝から行われます。

開通式、安全祈願、富山城主佐々成政一行による冬の立山越え再現、市内パレード等など、賑やかな式になりそうです。

もし興味のある方は、是非ご参加下さい。


日時:平成24年4月10日(火) 午前7時50分〜
会場:JR信濃大町駅、立山黒部アルペンルート(大観峰まで)、
   大姥堂、市内ほか
詳しくは・・・こちら













=== 広告 ===

信州名産「五平餅」3個セット

信州名産「五平餅」3個セット
価格:693円(税込、送料別)












アルペンルート紅葉情報 10月24日

立山黒部アルペンルートの紅葉情報です。


現在、標高1,400m〜1,200m付近、上ノ小平〜下ノ小平〜滝見台の一帯が
紅葉の最盛期を迎えています。

称名滝(上部)も色付き始め見事な紅葉を見せていています。

また、黒部ダム〜扇沢駅周辺が見ごろとなっています。

室堂では、朝夕の気温が冷え込み、ここ3日間で午前9時の気温が約4〜5℃となっているとのことです。

10月下旬に向けて、滝見台〜ブナ坂〜称名滝、黒部湖畔〜扇沢の広い範囲で、紅葉の見頃を迎えます。

尾入沢大橋(大町ダム付近).jpg

紅葉もずいぶんと下まで降りてきました。

これから大町市内や高瀬渓谷、大町ダム周辺も見ごろを迎えます。

大町高校前イチョウ並木.jpg

紅葉のシーズンもそろそろ終盤となりますよ。

是非、今年の紅葉を楽しみましょうよ。

















=== 広告 ===
















アルペンルート紅葉情報 10月19日

立山黒部アルペンルートの紅葉情報です。


室堂から天狗平は10/3に初冠雪が記録されています。

そして、暮れ行く秋の装いを見せてくれています。

雄山山頂の稜線には新雪がうっすらと確認でき、赤や黄、橙色の紅葉、そして山麓の緑、山頂付近の白い雪と、アルペンルート人気の大自然の描いた三段の紅葉が楽しめますよ。

黒部湖の紅葉1.jpg

★上ノ小平〜下ノ小平〜滝見台の一帯が紅葉の最盛期を迎えています。
★標高1,400m〜1,200mまでの高原バス道路沿ではナナカマドの赤やミネカエデ、ダケカンバの黄橙色が色濃く見られます。
★立山ロープウェイ黒部平駅周辺のタンボ平では山肌が黄色に変わり、赤色のナナカマドやヤマウルシ等の紅葉はほぼ終盤を迎えています。
★黒部ダム〜扇沢駅周辺は今一番の見ごろとなっています。

室堂では、朝夕の気温が冷え込み、ここ3日間で午前9時の気温が約4〜5℃くらいだとか。

10月下旬に向けて、滝見台〜ブナ坂〜称名滝、黒部湖畔〜扇沢の広い範囲で、紅葉の見頃を迎えるでしょう。

大町ダム付近.jpg

立山の大自然の彩り、美しい雪と紅葉を同時にお楽しみいただけますよ。
















=== 広告 ===














アルペンルート全線開業40周年キャンペーン

立山黒部アルペンルート全線開業40周年キャンペーン

今年は立山黒部アルペンルートが全線開業を始めてから40周年を迎えます。

それに伴い、期間限定で「立山黒部アルペンルート全線開業40周年キャンペーン」を開催されます。

期間中、ホームページ上のチラシを持参すると、アルペンルート乗物運賃が特別割引として2割引でご利用いただけるんですよ。

この機会に是非、新緑の立山黒部アルペンルート・黒部ダムへお越し下さい!

また、期間中、大町市内の宿泊施設を特別価格にてご利用いただけます。

詳しくは大町市観光協会ホームページより。














==== PR ====
↓↓↓↓新緑の季節・・・自然を満喫↓↓↓↓










立山黒部アルペンルート全線開通

今年も立山黒部アルペンルートが全線開通しました。

10日に一部開通をし、先週末の16日に全線開通です。

オープニングセレモニーは自粛されましたが、予定通りの開通となりました。

これで、5月いっぱい頃まで人気の雪の壁も楽しめますよ。

まだまだアルペンルート内は冬ですので、お越しになられる方は冬支度を忘れずに・・・。


IMG_0646.JPG










↓↓↓↓こちらへも是非ご協力下さいね。↓↓↓↓













↓↓↓↓今日のお薦めグッズ↓↓↓↓











アルペンルート紅葉情報

立山黒部アルペンルート内の紅葉はかなりすすんでおり、現在最高地点である室堂の紅葉は終わりを迎えています。

今見頃なのは、長野県側は黒部ダムと扇沢近辺で、立山側は下の小平周辺が見頃を迎えています。

アルペンルートの紅葉ももうあとわずかでしょう。

楽しむならこの週末がベストですよ!!!


























立山黒部アルペンルート紅葉情報 10月5日

10月に入り、紅葉前線も本格的に、アルペンルートを駆け下り始めたようです。

現在、室堂ではちん車の紅葉は終わり、カヤツリグサ科やイネ科の植物の草紅葉がピークを迎えています。

ミクリガ池の周りではクロマメノキなどが色づいています。

大観峰から黒部平にかけては全体的に黄色の色づきが進んでいます。

黒部ダム・扇沢でも色づき始めています。

黒部ダム周辺は来週末辺りから見頃かと・・・・。

ナナカマドなどの赤も出始めてきましたので、そろそろ見頃を迎える頃でしょう。

立山側の高原バス道路沿いでは、ナナカマドの赤、タケカンバ・ミネカエデなどの色づきが進み、鮮やかな色になってきています。


















雪の大谷ウォーク期間延長

ゴールデンウィークが過ぎました。

皆さんは、どこかにお出かけになられましたか?

このゴールデンウィークに大町やアルペンルートに来られた方もいらっしゃるのではないですか?

旅行前にこのブログを多少なりともご利用いただけていたら幸いですね。

でも、ゴールデンウィークのアルペンルートの混みはすごかったですね。

特に今年のゴールデンウィークは連休が後半の4日間だけだったので、3日〜5日にお客さんが集中したようですね。

特に4日には、予想をはるかに上回る来場者数だったとか。

この日にアルペンルートに行かれた方とお話しましたが、すごい混みようで、乗り物待ちの時間もすごかったようですね。

でも、このお祭騒ぎもひと段落着きました。

信州の山も緑が増え、いい季節です。

これからはお客さんの数もおちつくので、アルペンルートに来られるには最適なシーズンですよ。


続きを読む

見所案内 室堂

大観峰からトローリーバスに乗ると、アルペンルート一番の人気スポット室堂に到着します。

この室堂は、アルペンルート内でもっとも高い位置にあり、その高さは標高2450メートルにもなります。

この室堂まで来ると、さすがに別世界といった感じがしますね。

そして、アルペンルートのキャッチコピー「360度の大パノラマ」と言うのもわかりますよね。

空が近く感じますから。

また、季節も室堂まで来ると違いますよ。

例えば、今日5月4日、大町市内は真夏を思わせるような暑い日となりました。

たぶん、気温も30度まではないにしろそれ近くまで上がったのではないでしょうか。

でも、室堂は大町市内よりも気温で10度以上低くなりますから。

朝夕はまだまだ長袖のジャンバーなど必要ですよ。

雪だって、今月一杯くらいまではしっかりと残っていますからね。


続きを読む

見所案内 大観峰

黒部平の駅からは立山ロープウェーに乗り、次の駅大観峰へと移ります。

まず、この間の最大の見所は、何といってもこのロープウェーからの絶景でしょうね。

春の残雪はもちろん、夏の山、秋の紅葉と、いつ行っても素晴らしい景色を見ることができますから。

そして、岸壁からせり出すように作られた大観峰の駅へと到着します。

この間の所要時間は7分。標高2316メートルの大観峰の駅へ到着です。

もちろん、大観峰の名のとおり、駅とその屋上にある展望台からはまた素晴らしい景色を見ることができるんです。

そして、雪のこる春ならば、駅構内から展望台へ抜けるテラスはまだ残る雪をくりぬいて作られたトンネルをくぐっていくのですからムード満点ですよ。


続きを読む

見所案内 黒部平

黒部湖の駅からケーブルカーに乗ると、次は黒部平です。

この黒部平の駅は標高1828メートルに位置します。

駅周辺はちょっとした平地になっていますよ。

この駅前からは、西側に黒部平から大観峰に向かって広がるなだらかな大斜面「タンボ平」やその向こうには立山連峰が、また東側には後立山連峰や黒部湖の眺望が楽しめます。

タンボ平はデケカンバやナナカマド、ミネザクラ等の原生林に覆われていて、季節ごとに華やかな彩を見せてくれますよ。


続きを読む

見所案内 黒部ダム・黒部湖

長野県大町市側からのアルペンルートへの入り口は扇沢という駅になります。

ここまではご自身の車で来ることができるのですが、ここから先はそれぞれの乗り物を乗り継いでアルペンルートを楽しみます。

まず始めに乗るのがトローリーバスです。

このトローリーバス、厳密にはバスではなく電車の仲間だそうです。

電気の供給を受けて走るので、バスの屋根に電車とお同じようにパンタグラフが付いています。

このトローリバスに乗ること約16分。

黒部ダム駅で降りると、あの映画「黒部の太陽」でもしられる黒部第四ダム(黒四ダム)に到着します。


続きを読む

見所案内・アルペンルートってどんなところ?

立山黒部アルペンルートとは、富山地鉄富山駅から長野県の信濃大町駅までを結ぶ約90キロの世界有数の山岳観光ルートのことです。

その中でも、立山駅から扇沢駅までの間がアルペンルートの中心部となります。

最高標高2400メートルあまりの山岳地帯に誰でも手軽にアクセスできるとあって、年間100万人以上の人が訪れています。

立山、古くから神の山とされて平安時代には山岳信仰の山として開かれ、江戸時代にはひと夏に6000人を超える信者が登拝したと言われています。

現在では、富士山・白山と並ぶ日本三霊山に数えられています。



続きを読む

17日 アルペンルート全線開通

去る4月10日、アルペンルートの一部が開通しました。

まだ、室堂からの高原バスは走っていませんが、長野県・富山県両側から途中までは行く事ができるようになりました。

この間も、たくさんの方が黒四ダムなどを見に来られています。

また、今週17日(木)には、アルペンルートが全線開通する予定です。

そこで、このカテゴリーでは、立山黒部アルペンルートの情報をお知らせしようと思います。

これから、11月末までの間、よろしくお付き合い下さいね。

また、アルペンルートに来られる予定の方も、まだ計画を立ててない方も是非参考にしてください。


続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。